Stacks Image 855
Stacks Image 856
 1718年、ハプスブルク王朝の栄華の中でウィーン磁器工房は誕生しました。アウガルテンの始まりです。1744年には、女帝マリア・テレジアによって皇室直属の磁器窯に命じられ、その証としてハプスブルク家の盾型紋章を授かるという名誉を手にしました。以来、「インペリアル・ウィーン磁器工房」として全製品の裏側には、この紋章が今でも焼きつけられています。
 この頃、繊細な磁器の人形やロココ調の風景画を描いた磁器が盛んに作られました。この時代に誕生した代表的な絵柄のひとつに"マリア・テレジア"があります。マリア・テレジアの狩猟の館であったアウガルテン宮殿のディナーセットとして、女帝への敬意を込めて贈られたもの。当時、ハンティングのシンボルであった「もみの木」の色だけで彩色された優美な花柄は、現在でも高い人気を誇っています。
 その後もアウガルテンは皇族、貴族のために磁器を焼き続け、金粉を油に溶かして磁器に塗る新しい技法などを次々と生み出し、18世紀後半には「技術と品質で世界一」という名声を得たのです。ハプスブルク家の衰退とともに、1864年から一時休窯となったアウガルテンですが、1924年にはウィーンの北にあるアウガルテン宮殿に工房を移し現在に至っています。
 今でも、製品のすべてが熟練した職人によって昔ながらの手書き手法によって製作されているため、生産量は限られています。優しい輝きを放つ絵柄、温かみのある白磁、しっとりなじむフォルムは、一途なこだわりがあるからこそ守られている"アウガルテンの生命"なのです。
 オーストリア皇女マリールイズや美貌の皇妃エリザベートなどハプスブルクの貴婦人達に愛されたアウガルテンのシェイプとパターンは現代に至るまで脈々と受け継がれています。