Browsing EYE 3
Stacks Image 1869
 パリのセーヌ川をシテ島から下っていくと、左側にエッフェル塔が見えてきますが、その付け根にブランリー美術館があります。06年6月に華々しくオープンした美術館です。華々しいというのは、シラク大統領がパリ市の市長だった頃からのプロジェクトで、ことさら思い入れのある美術館だからです。
 宗主国だったこともあって、フランス人のアフリカ好きは有名です。コルビジュエなどは行き詰まると常にアフリカ美術へ設計のテーマを求めたことは良く知られています(例えばロンシャン教会など)。この美術館はアフリカ美術をはじめ、アジアやオセアニアなどの民族芸術を広く集めた美術館で、楽器や衣服を中心に30万点ものコレクションを誇っています。
 地名のケ・ブランリー(ブランリー河岸)をそのまま付けた美術館はセーヌに沿ってガラススクリーンが200メートルに渡って建てられ、一種の結界を造り出しています。このスクリーンからピロティで持ち上げられた細長い展示棟の入り口までのアプローチも200メートル近くあり、その間は「乾いたビオトープ」というか、荒れた工事現場のようなしつらえになっています。
 特に冬はススキや低木が枯れ果て、地上に露出しているオレンジや青の配線用ビニールチューブが「荒れ果て感」をいっそう加速してくれます。展示棟からは、この荒れ果てたアプローチに向かって派手な色に塗られたボックスがランダムに突出しており、設計したジャン・ヌーベルの意図をはかりかねます。荒々しさだけが印象に残りそうな建築で、アラブ世界研究所やカルティエ財団で見せた繊細さは影を潜めています。
 内部の展示スペースはヌーベルらしい展示手法が多く取り入れられており、心地よい展示スペースになっています。使われている素材も民族美術館に相応しく、革や粘土が使われています。また、吹き抜けやスロープを組み合わせた空間構成も変化に富んでいます。
 ヌーベルは、民族芸術の持つ根源的なエネルギーを受け止める空間としてこの美術館を設計したと語っています。確かにこの独特の荒々しさは、民族芸術の荒々しさに通じるものがあります。しかし、それが現代の工業製品で造られているために荒涼とした風景になっているのかも知れません。
Stacks Image 1870
 ビエンナーレとは隔年という意味で、3年毎だとトリエンナーレになります。ビエンナーレでもっとも有名なのがベネチアではないでしょうか。ベネチアでは世界中の美術をテーマを決めて集め、一堂に展示する方式で、約百年の歴史があります。他にもベルリンやサンパウロでビエンナーレが行われていますが、規模と格式ではベネチアが一歩先を行くと思います。
 サンタルチア駅で電車を降り、ヴァポレット(水上バス)に乗り換え、大運河をS字型に遡航していくと左側にドゥカーレ宮殿、右側にパラディオのサン・ジョルジオ・マッジョーレ教会が見えてきます。ここでヴァポレットを乗り継ぎ、10分程で市民公園に到着します。ここで降りてブラブラ歩きながらビエンナーレ会場に向かうのが良いでしょう。
 付近はサンマルコ広場あたりと全く異なり、街並みはイタリアの小さな漁師町のような雰囲気です。路地にはいると洗濯物が道をまたいで空中に干してあったりします。
 ビエンナーレの展示内容は現代美術が多いのですが音楽や演劇、映画などのフェスティバルも行われます。中でも注目したいのはパーマネント展示として建築館があることです。これはビエンナーレと連動しないときはいつでも見ることができます。
 日本館はビエンナーレ建築展のためにコミッショナー制度を設けこれまで磯崎新氏や森川嘉一郎氏などが就任しています。コミッショナーは展示に関する全ての人選や企画に責任を負うのですが、前回のコミッショナー森川氏は「萌える都市」をテーマにいわゆるアキバ系オタク文化にフォーカスした展示が行われ、大きな話題を呼びました。フランス、イタリア、ドイツでは日本のアニメや劇画を介して若いアキバ系が少なからず誕生しています。そのような層に「萌える都市」の展示は新しいメッセージを伝えたようです。フランスの若い女の子二人連れがアキバを目指してフランスを脱出、陸路を日本に向かいウクライナの国境で保護されたのも、記憶に新しいできごとです。
 2006年度は藤森照信氏がコミッショナーに選ばれ、9月から11月にかけて「メタシティーズ」というテーマの展示が行われます。赤瀬川原平氏や南伸坊氏等、路上観察学会の成果が藤森氏の手腕でどのように展開されるか楽しみです。
Stacks Image 1871
 チェコ南部にはいくつかの世界遺産があります。中でも最も有名なのはチェスキークルムロフの街です。曲折するヴルタヴァ河をはさんで古い街並みが広がり、プラハからのエクスカーションとして日本人観光客にも人気が高い所です。
 チェスキークルムロフからさらに東南に進み、オーストリアとの国境近くにある世界遺産の街がテルチです。交通の便が余り良くない上にホテルなどの宿泊施設が完備していないため、チェスキークルムロフほどの人気はありませんが大変魅力的な街です。
 テルチは古くから「水城」として付近を治めてきました。街の周囲は城壁と池で囲まれ、敵の攻撃を受けたときは橋を落とし、水に浮かぶ城として防御したのです。チェコとオーストリアの国境付近は河川が多く、古くから水力を利用した繊維産業、ガラス産業、木工産業などが発達した地域です。
 テルチの街を特徴づけているのは、イタリアルネッサンス様式で作られた家々の外観です。最初にテルチの街を訪れ、細長い広場に立った人はその可愛らしくもユニークな外観に、一様に驚きの声を発します。チェコを代表する作家カレル・チャペクが紀行文の中で「我が国で最も美しい広場」としてほめたたえ「モラヴィアの真珠」と称されるのも頷けます。
 テルチの街は12世紀頃から発展をはじめましたが1530年に火災が街を襲います。灰燼に帰した街を再建する際、時の領主であったモラヴィア貴族ザハリアーシュは再建される建物を初期バロック様式かルネッサンス様式に限定するように義務づけしたのです。
 街は細長い広場を軸に対面する二つの街並みで構成され、建物下部にはアーケードが貫通しており、今日で言う「都市計画」的な骨組みを持っています。
 外壁の装飾は「グラフィート手法」(漆喰壁を傷つけて描く「掻き絵」)が用いられ、暖かみのある繊細な文様が描かれています。チェコのクリスタルガラス製品を特徴付けているエングレービング手法の起源はこんなところにあったのかも知れません。
Stacks Image 1872
 何事にも「三大○○」とか「御三家」言うのがあります。ピアノの世界ではシュタインウェイ・ベッヒシュタイン・ベーゼンドルファーがそれに当たります。
 ベッヒシュタインはドイツの会社、シュタインウェイとベーゼンドルファーは元々オーストリアの会社ですが、第二次大戦でナチの迫害を受けシュタインウェイは米国に避難しました。ベーゼンドルファー社は未だにウィーン(近郊)でピアノを作り続けており、今年で創立175年になります。175年間に造ったピアノは約7万台ですが、これは日本の大手ピアノメーカー数年分の生産量です。
 同社はその時代の著名なデザイナーや建築家と手を組んで特別モデルの生産を行ってきました。古くはウィーン工房の立役者ヨーゼフ・ホフマンやヨーゼフ・フランクなどによってデザインされ、最近ではオーストリアを代表する現代建築家ハンス・ホラインによってデザインされたピアノが製造されました。
 2003年にはポルシェデザインと手を組んで全く従来の素材やデザインにとらわれない斬新でモダンなピアノが製造されました。ポルシェデザインは自動車のポルシェ社から独立したデザイン会社で、現代ドイツを代表するデザイン会社です。
 ポルシェデザインのベーゼンドルファーはユニークな工夫が多く見られます。先ず目を引くのは大屋根と呼ばれる蓋の部分です。通常、蓋はピアノ本体より一回り大きく、はみだした形状になっていますがポルシェデザインはインセット、つまり本体の内側に落とし込まれています。これは大変な精度を要する収まりで、溝がカーブを描きながら一定の幅を維持しなければなりません。車のドアの収まりと同じです。脚部やペダル廻り、音響調整板などにはアルミの鋳物や削りだしが使われていて、見ていくほどに「イグニッションキーは何処にあるのかな」という気分になります。
 さて、実際の音ですが見た目ほど固い音ではなく、豊かな高音部とベーゼンドルファー独特の低音に彩られた音色は、どちらかと言えばジャズやポップスに向いているようです。
Stacks Image 1873
 シトロエンというフランスの車をご存じの方も多いと思います。現在は販売不振からプジョーグループの傘下にありますが、そのユニークなメカニズムやデザインで一時代を画したメーカーです。
 ジャン・ギャバンが主演したような古いフランス映画には必ずシトロエン11CVが出てきますし、歴代のフランス大統領はシトロエンを公式車として採用してきました。印象に残る映画「ディーバ」にもシトロエンが効果的に使われていました。
 パリのセーヌ左岸にはエッフェル塔が接していますがそれより少し川下にジャベル河岸という場所があります。現在はシトロエン河岸と呼ばれていますが、これはかつてシトロエンの大工場があったためにつけられた名前です。造られた車はジャベル河岸から船に載せられヨーロッパ各地に運ばれたのです。
 シトロエンをもっとも特徴付けているのはハイドロニューマチックというサスペンションです。これは植物オイルと窒素ガス、駆動ギアを使った動的なサスペンションであたかも生き物のように作動します。
 さて、そのようにユニークな車を作っていた工場跡地にはこれまたユニークな公園があります。その名も「アンドレ・シトロエン公園」。この公園にはフランス人の庭園観と言うか、植物観がよく出ています。
 庭園には大きく分けてフランス式とイギリス式があります。イギリス式は風景式とも言われ、実は大変手を入れているにもかかわらず、自然の風景のように作庭します。フランス式は幾何学の法則に則って、人工的で時に奇矯な作庭を行います。日本人の作庭観から見ると植物を痛めつけているようにも見えます。
 シトロエン公園の多くの植物たちは箱に閉じこめられ、ぶ厚いコンクリートの囲いに入れられています。
 機械を生き物のように造り、植物を機械のように扱うフランス人の感性。このような感性を「アンバランスがとれている」とでも言うのでしょうか。
Stacks Image 1874
 エリック・グンナー・アスプルンドは北欧を代表するモダンデザインの建築家です。1885年ストックホルムに生まれたアスプルンドは王立工科大学建築科に入学しますが、直ぐに退学してしまいます。一緒に退学した5人の仲間と一緒に「クララ・スクール」を設立し(1910年)、独自に建築を学びます。1928-30年のストックホルム博覧会の主任建築技師を任されるまでは住宅設計やコンペへの応募、建築雑誌の編集などをして食いつなぎますが、作品の傾向は当時北欧で流行していた新古典主義の範疇から出ることはありませんでした。
 1930年のストックホルム博覧会ではスチールとガラスというモダンデザインをもたらす重要な材料を使いこなし好評を博し、スウェーデンに初のインターナショナルスタイルをもたらします。この博覧会以降アスプルンドのデザイン傾向は大きく変化をし、抑制のきいたモダンデザインで多くの設計を手がけました。
 代表作は二つあり、一つは「ストックホルム市立図書館」もう一つは「森の墓地」です。「ストックホルム市立図書館」は直方体に円筒が貫入するという実にシンプルな空間構成ですが、フランスのバロック建築家ルドゥーのプロジェクトを彷彿とさせます。内部は三層にも及ぶ円筒形の書架が360度取り囲み、この空間へ入った者を圧倒します。天井は鱗模様のスタッコ仕上げで、下部書架の圧倒的なボリュームと好コントラストを見せます。
 「森の墓地」は広い墓地の中に礼拝堂や墓地、火葬場などを配したランドスケープ(景観)建築の傑作です。そもそもは1914年に応募して一等賞を得たコンペ作品ですが、1940年まで実に26年の歳月をかけて完成します。
 緑の岡を緩やかに登っていくアプローチは左側が低い塀、岡の頂上には十字架が立っており、十字架の左側に火葬場がありますが、頂上に到着するまでは火葬場は視界に入ってきません。死者を悼む気持ちと長いアプローチが同期して独特の空間を生みだしています。完成した1940年にアスプルンドは亡くなり、この墓地に葬られています。
建築設計・家具デザイン&製作・インテリアデザインのご相談は→info@kukan-kozo.net